skip to Main Content
広島 大手町の個人塾/小学生・中学生一人ひとりに合わせた公立高校受験専門塾

言葉をふやそう!

国語で、自分で考えて答えを書く問題が出たとき、

「うれしいでいいですか?」

などの質問が出ることがあります。

ただうれしいのか、あるいは、うれしい気持ちになったいきさつがあるのかで、

使う言葉も変わってきます。

暗い気持ちでいた主人公が、何かをきっかけに明るい気持ちになったのであれば、

「うれしい」より「すっきりした」「さわかかな」のほうがぴったりきますね。

つまり、言葉をたくさん知っているほうが、気持ちや様子を説明するのも便利なのです。

例えば、反対言葉を使って、一度に二つ覚える方法もあります。

また、どうしても何も書けない人は、模範解答を覚えて、

今度は何も見ずにノートに書いてみるのも1つの練習になります。

「私は、どうやったらいいでしょうか?」

という人、気軽に声をかけてくださいね。

by I.R

幼児教材「のびラボ!」の「やってみよう!迷路の問題」もよろしく。

[分野別くりかえし]迷路 Step.1からの出題です

大人の方でも頭の体操になりますよ。

Back To Top