skip to Main Content
広島 大手町の個人塾/小学生・中学生一人ひとりに合わせた公立高校受験専門塾

「マイナスのことば」は言わないで!

「はあ…、難しい。」とか「こんなの絶対無理。」とか、そんな「ことば」を無意識のうちに出していませんか? 実はこれはとても大切なことです。物事に出会ったときの「考え方」や「口癖」、それが結構その人の「成績」や「人生」を決めたりします。

マイナスの言葉

難しい問題に出会ったときや、たくさんの量をこなさなければならないとき、「よし、やってやろう。」と思うのと、「こんなの無理。」と思うのでは、その後が大きく違ってきます。

●成績が伸びていく子…難しい問題が出ても文句を言わずひたすら取り組む
▲成績が伸びにくい子…難しい問題が出たら「無理」「できない」を連発する

「考え方」や「ことば」には力があります。力があるからこそ、縁起の良い言葉、悪い言葉、おまじない、さらには呪文、というようなものが存在するのでしょう。

「私って全然ダメだから…」「自信ないし、本番に弱いし、あがり症だし」「うまくいくかどうか分からない」「うまくいかなかったらどうしよう」「試験に失敗したらどうしよう」「最近運が悪いからなぁ」「○○君はいいなぁ、うらやましいなぁ。もともとが違いすぎるのよ」

言葉の威力を知らないから、気軽に言えてしまうのです。こんなマイナスのことを言っていたら、それにふさわしい現実が訪れます。

「これくらいなら、自分にもできる」「こんな問題、簡単だ!」
学力を伸ばしたかったら、そう思って取り組むことが不可欠です。受験まであと数カ月。マイナスの言葉は口に出さないように気をつけましょう。

プラスの言葉

Back To Top