skip to Main Content
広島 大手町の個人塾/小学生・中学生一人ひとりに合わせた公立高校受験専門塾

知っておきたい 広島公立高校の内申点

目標の学校に進学するには、テストの点数だけでなく内申点も重要です。早いうちからおさえておきましょう。

公立高校の入試と内申点

公立高校の入試には、2月初旬に小論文と面接が行われる選抜Ⅰ(推薦)と、3月初旬に5教科の筆記試験が行われる選抜Ⅱ(一般受験)の2種類があります。

私立・選抜Ⅰ(推薦)とは 選抜Ⅱ(一般受験)とは

内申点(中1から中3までの成績を合わせたもの)が高い生徒、部活動で優秀な成績(県大会やコンクールレベルでの成績などで突出した実績)を収めた生徒が受験する場合が多い

※選抜Ⅰの方が倍率が高いので、受験勉強を選抜Ⅰの「小論文・面接」だけに絞ることはお勧めしません。

広島県の一般入試は、当日点が125点、内申点が130点の合計255点満点が標準です。内申の比重は全体の半分と、かなり大きくなっています。

※ただし、学校によって当日点のウエイトを重くしたり、英数だけ配点を上げたりと特殊な計算方法をとる高校もあります。

内申点の計算方法
私立・選抜Ⅰ(推薦) 選抜Ⅱ(一般受験)
1年~3年の各成績9教科を5段階に評定する。
⇒全て合計する。(135点満点)

1年~3年の各成績9教科を5段階に評定する。
さらに、実技4教科は2倍する。(195点満点)
さらに、195点満点を130点満点に換算する。

例:市内6校を志望しているAさん(中1)の場合

「テストの点数はいいのに、内申点が悪い」とは?

「テストの点数はいいはずなのだけど、内申点が悪いです。どうしてでしょう?」という質問をよく受けます。

定期テストや小テストでは、「思考・判断・知識・理解」などが問われます。日ごろの勉強の様子は「関心・意欲・態度・表現」などの項目で評価されます。つまり、授業態度・挙手の回数・忘れ物の回数・ワーク、ノート、プリントの提出物など、毎日の積み重ねなのです。

内申点は「テストが50%、授業態度が50%」と思って日々過ごしましょう!

Back To Top