skip to Main Content
広島 大手町の個人塾/小学生・中学生一人ひとりに合わせた公立高校受験専門塾

一次関数と変化の割合

中学2年生の数学は、現在「一次関数」。

なんだかみんな苦手なようです。

特に皆を悩ませるのが、

「変化の割合」です。

例えば、y=3x+4について

(1)xの値が2のときのyの値を求めよ

(2)xの増加量が2のときのyの増加量を求めよ

(3)変化の割合を求めよ

ここらへんが多くの生徒の混乱する部分です

変化の割合とは

xが増える量に対してyがどれくらい増えるかを表したものです。

つまり、

1.変化の割合=yの増加量/xの増加量で常に一定です(ここが重要)。

2.yの増加量=変化の割合×xの増加量

3.変化の割合と傾きは等しい

本日の授業はここの部分をいやというほど

たくさんしました。

この変化の割合は

3年生の二次関数でもたっぷり出てきます。

しっかり押さえておきたいところですね^^

by A.T

幼児教材「のびラボ!」

やってみよう! 折り紙展開の問題”を追加しました。ぜひお試しください。

ちょっと難しいので小学校お受験対策向けです。

Back To Top