skip to Main Content
広島 大手町の個人塾/小学生・中学生一人ひとりに合わせた公立高校受験専門塾

激しい雨が続きます。そこで、

『雨に関することば』

 *雨、車軸の如し・・・・雨が激しく降るさま。雨脚を車軸にみたてていう。

 *雨隠れ(あまがくれ)・・雨宿り。  

 *雨降り花・・・・・・・ひるがお (なんだかかわいらしいですね☆)

 *晴耕雨読・・・・・・・晴天には田を耕し、雨天の日は家で読書をする。

言葉は、生活や気候と大きく結びついています。

砂漠では?ジャングルでは?と考えていくと、楽しくなってきませんか。

【中1国語の教科書「にじの見える橋」から】

雨がやんだ。 頭上の雲が切れて、わずかな青空がのぞく。(中略)

そのほか、具体的なかたちになっていないもやもやが、いくつもあった。

雨は、自分の上にばかり降るような気がする。いっそぬれるなら、

もっともっとずぶぬれになったら、かえってさばさばするだろうと思う。・・・

主人公は、何かもやもやをかかえています。しかし、雨がやんで、青空が

のぞいてくる・・・。

皆さんは、どんな印象を受けるでしょうか?

題名の「にじの見える橋」もどうですか?

目をつぶって想像してみてください。

Back To Top